So-net無料ブログ作成
検索選択

3月もびっくり [本]

昨日、しゅらばばばが一山越えて、現在小休止。まだまだ続くので、楽には
なりませんが、とりあえず、一息つきましょうか、というところ。
やれやれ、休んでやるか、と思ったら、別の案件のやつも締め切りーーー!
おまけに眠くて仕方ないし‥‥‥。

そんな3月もあと2日ですが、今月は早めに今月読んだ本の話。
今年は1,2月がスタートダッシュが効いて、大した本ではないものの私にしては
冊数が多くてビックリだったのですが、1,2月の記事は ⇒ こちら
3月もなかなかのボリュームです。今週になって1ページも読んでいないことを
考えると先週までが多かったというわけですが。

しかもね!今回は話題作やらオススメしたい本もありますよ。
まずはこちら「ビブリア古書堂の事件手帖・7」
CIMG2199.jpg
人気のこのシリーズもとうとう最終巻。
一応、ハッピーエンドですが、途中はちょっとハラハラしました。
古書の世界は難しそう。

次は今回の超オススメ本「旅猫リポート」
CIMG2200.jpg

「県庁おもてなし課」の有川浩さんの作品。
猫のタイトルと、コロボックルシリーズに使われているタッチの絵に
つられての購入でしたが、これは面白かったし感動しました!
私は本で泣く方ではないのですが、もう泣きそうで、泣きそうで。
悲しい話は嫌いなのですが、これはちょっと違う感じ。
とにかくオススメです!

こちらは話題作ですねー。文庫化されたので買ってみました。
「火花」
CIMG2201.jpg

えーーーっと、私個人としてはそれほど面白くはなかったです。
でも、言葉の使い方、選び方がすごいなーって思いました。
どんだけボキャブラリーあるんだ、この人は!

さて、こちらはサラッと流してラノベ系と思われるシリーズ。
「ばんぱいやのパフェ屋さん・3,4,5」
CIMG2198.jpg
実はこれ、以前に「4」を読んじゃってるの。でも、この時、話がつながって
ないなーって思ったら、「3」を買い忘れてた!というわけで、「3」「5」を
買って読み直したというわけ。

さて、さらにくだけてコミックエッセイ。
久しぶりに新刊出ました「理系の人々・6」
CIMG2202.jpg

理系と言ってもSE時代の話がベースになってますので、もう、私としては
あるあるだらけです。
あとはKindleで「ちはらふる・34」
あれ~?他にもあったような気がしますが、見つかりません。




nice!(27)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あらビックリ、な1月2月 [本]

昨日は夕方からポツポツと弱い雨。今日も天気はイマイチなようで、
3月といえどもまだまだ寒い日が続きます。

今年の目標の一つに「月1回は断捨離を兼ねた大掃除をやる!」というのが
あるのですが、1月は見事にサボリました。ま、年末に大掃除したばかりだから
やる気もでないのよね。2月は箪笥を1棹と台所をちょこっと。
箪笥は、なんかかび臭くなっちゃったの。それで、全部中身を出して総点検。
壁際にくっついているので、湿気やすいみたい。
壁に面している側に少しカビがうっすら出ていたので、きちんと消毒して、
1日風を通し、除湿剤を倍増させて、などなど。
3月の大掃除は、本を閉まっている押し入れだなー。完全にあふれかえって
しまいました。ヤバい!

これ以上、増やさない方が良いのですが、本は買いたい人なので仕方ない。
その上、年末に本屋さんの割引があったので、しこたま買い込んでました。
おかげで、気づいてびっくり。久々の大量紹介です。

CIMG1705.jpg

左上「ちょっと今から仕事やめてくる」
話題の本ですねー。映画化もされたとか。
面白かったけど、若干、「ホントかぁ?!」と思ってしまったいじわるな私です。
左下「ランチのアッコちゃん」
ハードカバーの頃、話題になっていたのがようやく文庫化。
2014年に本屋大賞にノミネートされた作品です。うん、面白い。
ちょっと極端な話ではあるけど、スカッとする。続編も読みたいな。
右上「小さいおじさん」
これは予想外に面白かった!孤独な人にしか見えない小さいおじさん、
お酒好きでへそ曲がりで面白い!
右下「ブラック・ジャックは遠かった」
なんとなく、医療現場の裏話的な、マンガでいうところの「研修医なな子」の
男性版的なイメージを持って読んだけど、ちょっと違った。
大阪・中の島を舞台にした、医学部時代(前後)の文学を志す青年の話ってとこ。
医大に進んでおきながら小説家になりたいと思っているだなんてびっくり。

CIMG1704.jpg
若干ラノベ系の3冊。
上2冊は「わが家は祇園の拝み屋さん」の続き2冊。
イラストはラノベチックだし、主人公が高校生で、読者は若い世代を狙って
いるのかも、だけど、一応、「角川文庫」だし、話の伏線で出てくる京都の話、
神様の話、陰陽師の話とかが面白い。
下はこれまた続き物で「招き猫神社のテンテコ舞いな日々」
意外と続くんだなー、これも。段々面白くはなっている気がする。

CIMG1703.jpg
これはもう、赤川次郎作品の吸血鬼シリーズと、夫は泥棒、妻は刑事シリーズ。
吸血鬼シリーズは話がちょっと単純な部分も多いけど、簡単に読めるので、
ひたすら軽く読みたいうってつけ。
夫は泥棒、妻は刑事シリーズは、赤川作品の中では一番好き。
でもこれも若干パターン化してきちゃってるんだよねー。

最後はコミックエッセイ
CIMG1706.jpg

「やめてみた」
ま、断捨離の話ですね。ものだけでなく行動とか考え方も、やめてみたら
意外と良かった、って話。1つ1つの話は真似はできないけれど、そうだよねー、
考え方一つだよねーというのはうなづける。

てなわけで、量だけはあるけど、軽いお話ばかりで、とても自慢できたものでは
ありません。とはいえ、重い話、難しい話とか、もう読むのがメンドクサイ!
じゃ、読まなきゃイイじゃん、と言われそうですが、若干、文字中毒なところが
あるから、気楽に本を読みたいのでした。

それから、「たくさん読んでエライですね」などと言われる方もいらっしゃいますが、
いやいや、ソネブロには、もっともっとたくさん読まれる方がいっぱいいらっしゃい
ますから、私なんぞ1日20分くらい(昼休み)の読書時間では、とてもとても。
ま、これ以上たくさん読んだら、財政破綻、家も本でつぶれます。
nice!(28)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり昨年の数値ですが [本]

昨日も職場でお留守番状態でしたが、いやー、厄介ごとが次から次へと!
なんとかこなせて良かったです。そして今日から三連休。
連休明けからは職場も通常に戻るし、やれやれ、というところです。

昨年も一昨年の「本」カテゴリーのまとめを1月8日になって書いてましたが、
今年も昨年のまとめが今頃になりました。
昨年はほんっと、読んでないです。昨年の「本」カテゴリの「〇月のまとめ」が
なんと、「8,9月のまとめ」で終わってる!
その後、11月に1記事書いてはいましたが。

というわけで、載せ忘れていた2016年に読んだ本の残りがこちら。
CIMG1181.jpg

相変わらず、大したものは読んでません。お恥ずかしい。
シリーズばかりです。

左上は、赤川次郎の吸血鬼シリーズの1冊。
吸血鬼シリーズ、ちょっとストーリーが子供向けな感じ。。シリーズとしては
数が多く、読んでないのもあるのですが、読み続けるかってところでは
悩んでいるところです。

右上は「珈琲店タレーランの事件簿」の5巻。
ま、ビブリア古書堂の事件手帖と同じ路線だけど、面白いことは面白い。
最近、ミステリーブームなのか、こういうお話多いですよね。

左下は「ぼくは地球と歌う」の2巻。マンガです。
「ぼく地球」シリーズの第3章。相変わらず、複雑な話なのよねー。

右下は「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの3巻目「糸切り」
主人公がおばあさんのミステリーってところが最近のミステリーブームとは
一線を画してます。

あとはKindleで「ちはやふる33」

そんなわけで、2016年に読んだ本、
小説が 17冊、コミックエッセイが6冊
マンガが 紙で4冊、Kindleで 6冊
合計33冊‥‥少なっ!昨年は、ゲームばっかやってたからなー。
あ、これ以外に、雑誌を読んだり、仕事上で本を読んだりしていますが、
それはノーカンで。

ちなみに現在、読もうと思って買った本が10冊ほど積まれています。
最近、読むペースより買うペースの方が多かったからなー。
おまけに、年末に、いつも買っている本屋さんから、お得意様特典で、
1500円以上の購入で、3%、5%、8%、10%OFF!という案内状を
もらってしまい、ついつい買い込んじゃったのでした。

ま、今年はゲームはほどほどにして、もうちょっと読みます。
nice!(20)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

犬の日だけど猫 [本]

週末から体調がイマイチでしたが、日曜の夜から絶不調です。
胃腸の調子がイマイチだったのですが、口内炎もひどくなってきたし、
蕁麻疹もいつもとは違った出方だったりして、ひどくてひどくて‥‥!
ちょうど、そろそろ医者に行かないと薬が‥‥という時期だったので、
昨日は午前半休を取って行ってきまて、状況をお話ししたのですが、
先生、一言 「疲れてるかな」
うん、そうだと思う。疲れてると言っても、体の疲れじゃなくて心のね。

癒しを求めて買ったはずでしたが、なかなか読んでいませんでした。
CIMG0025.jpg

これ、最初に2巻を見つけて買って、でも1巻から読まないとわからないな、
と長いこと探してました。なかなか見つけられなくて!
中はマンガです。もとは、Webで発表されている作品らしいです。
猫を飼ってらっしゃる方なら、ある!ある!的なネタも満載です。

読むだけでなく動いてリラックス~なのはこちら。
CIMG0026.jpg

猫がとるポーズを真似たヨガ。
これ見てやるかどうかはともかく、かわいいし面白いって思って
買っちゃった。

今日11月1日は犬の日だけど、猫の話3本立てで、最後は「本」
ではないけど、こちら。
DSC04196.jpg

UHA味覚糖「にゃんコレ」というキャンディー。
中がかわいいんですよーーー。
DSC04198.jpg
いろんな猫さん方が!これは応募で寄せられた猫ちゃんたちですって。
おうちに猫がいらっしゃるみなさん!これ見て、応募してみませんか~?
DSC04197.jpg

一昨日は、いつもの神社に行ったのですが、星ちゃんは見当たらず。
とっても残念だったのでした。
nice!(18)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8,9月のまとめ [本]

ようやく晴れた日曜日。
室内干ししていたものも含め、洗濯物をいっぱい出して、ようやくすっきり。
でも、また雨模様の予報の今週です。

今週で9月もおしまい。
出張があるので、もう今週はないも同然ってところです。
ブログネタもいつもなら月末なのですが、ちょっと早めに。
と言っても、実は2か月ぶり。サボリ過ぎだわぁ。

この2か月で読んだのが8冊。マンガもコミックエッセイも含めてだし、
小説系もゆるいものしか読んでないから、大したことはないですね。
小説系は、ゆるい上に連続物、シリーズ物ばっかり。

DSC04076.jpg

最近、ゆるい上に、内容が偏ってるなぁ。
おまけに、若干、ターゲット年齢が若いものをチョイスし過ぎてるわ。
この中で、読んでる人が多そうなのは、「神様の御用人6」 かな。
次に向けてまたあらたな展開があるようで、この先も気になっちゃいます。
あ、1冊、撮り忘れてあとから。

DSC04077.jpg

「ばけもの好む中将5」 は、前の巻がこの後の展開がイマイチになりそうな
不安があったけど、いい感じで展開してました。

さて、コミックエッセイはこちら。
DSC04075.jpg

「ぼく、オタリーマン」「理系な人々」のよしたにの新シリーズ。
「いつかモテるかな」
これねー、いわゆるIT系男子ってこうよねーって感じがしちゃいます。
巻頭話でこのタイトルが恥ずかしいって話があったけど、うん、確かに。
IT系の感覚ってちょっと一般人と違うところがあるのかなぁ、やっぱり。

あとはマンガをKindleで。
「ちはやふる32」と「高台家の人々5」
高台家の人々は、YOUって雑誌で連載されているのですが、今月からYOUの
購読をやめちゃいました。YOUはレディースコミック誌の草分け的存在で、
昔々(笑)、レディースコミックという分野が出てきたころ、Hなシーンばかりの
レディコミ誌とは一線を画していて、面白い話が多く、私も長いこと買ってました。
「ぽっかぽか」「ごくせん」とかドラマ化、映画化されたものもたくさんあります。
ですが、最近、どーにも面白くない!「高台家の人々」だけが面白いけど、
これはKindleで単行本買ってるから、もういいや!てなわけ。
ま、読んでない人にはわからないよね。




nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月の途中ですが [本]

うちの会社の場合、健康診断の結果は、委託している病院からの
結果のお知らせ通知が配られるのと、ネットで見ることができます。
昨日の記事に書いたのは、お知らせ通知の内容でした。
少し遅れて、「システムに登録されました」というメールをもらって、
ネットの方を見てみたのですが‥‥、あれ?全部OKだ。
よく見ると、病院での基準と社内システムの基準が違うみたい。
おまけに、昨日の記事で嘆いていた「悪玉コレステロール」
ネットだと過去の結果も見られるので見てみたら、なんと、昨年より
低いではないですか!
というわけで、やっぱり問題はなさそうです。

さて本題。久しぶりに『本』ネタです。
「6月に読んだ本」を書かぬまま、日がたってしまったので、
このあたりで、というところ。

DSC03356.jpg

「本日は遺言日和」
これは面白かった!偶然チョイスしたとはいえラッキー。
プランニング会社の新米社員の女性が思い付きで提案した
「遺言ツアー」に集まった人たちのお話。
ツアーに集まった人たちの人生を振り返ったり、家族の話があったり、
そもそも、この新米社員のお仕事のお話でもあったり、なかなか、
いろんな方角から読ませる本でした。

DSC03357.jpg

「わが家は祇園の拝み屋さん」
以前から気になってはいたのですが、このかわいらしいイラストに、
引いてたんですよねー。ラノベっぽいからメディアワークス文庫かと
思ったら、角川文庫なんですよね、これ。
とはいえ、ラノベって言えば、ラノベかぁーー?
でも、まぁまぁ面白かったので、2巻も読みたいな、と探しているのですが、
買おうと思う時には見つからなかったりするのよね。

あとは、シリーズものなので写真は載せませんが、赤川次郎の花嫁
シリーズの『花嫁は墓地に住む』
1か月半でこの3冊ってことは、2週間に1冊ペースかぁ。
少し上がって来たけど、やっぱり以前より読書ペース落ちてるなぁ。
まぁ、いろいろ忙しいから仕方ない。

あ、今回は、コミックエッセイは特にありませんでした。その代わり、と
言ってはなんですが、こちら

DSC03358.jpg

「an-an」の最新号。リュカさんちのうみちゃん、あおくんが載って
いるんですよ!立ち読みで済ませちゃおうかな、とも思ったのですが、
散々、別の猫特集の雑誌買ったりしているのに、失礼よねーーー。
というわけで購入。

レジに並ぼうと向かった先で、つい、見て気に入ったのはこれ
DSC03359.jpg

とうとうここに手を出したか?!
なぁんて読んでみると、やっぱり大したことないっていうか、わかってます、
というような内容ばかりでしあ。これはやっぱり私がダイエットオタクとして
研究済だからでしょうか。成果が出たらそれで本を書いたら売れる?!
nice!(23)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月はなんとゼロ! [本]

昨日は冷たい雨の月曜日。
そんな中、直行も直帰もできない(つまり、昼のど真ん中)時間に、
客先での打ち合わせに出かけなければならず、なんとも疲れました。
どうせ外出になるなら、美味しいランチが食べられるとか、都会で遊んで
帰れる直帰とか、おいしい外出なら良いんですけどねぇ。

3月までは週1回は外出していたのですが、4月以降はかなり少ないです。
そのせいもあって読書量が減っている(移動時間の読書がないからね)
だけでなく、このところは昼休みもうだうだしていて、読書せず、
ふと気づいたら、今月、1冊も読んでない!ひゃーー!

読みたい本は何冊も買って積んであるのですけれどね。
あ、あと、お仕事の本は読んでますけれど、数には入れてないです。
今月、唯一読んだ本は、コミックエッセイ1冊で、これでした。

DSC03183.jpg

森下えみこさんの新作です[ぴかぴか(新しい)]
Twitterで新作出るのを知っていたので、楽しみにしていました。

森下さん、なんと、東京に出てきたんですねー。そんなお話です。
先日、たかぎなおこさんの新作を紹介した時に ⇒ こちら
結婚されたそうです、と書きましたが、なんとなく路線が近いなーと
思っていたフカザワナオコさんも結婚されたようですね。
新作が「アラフォーおひとりさま、結婚しました。」
おひとりさまネタがお得意のお二方が結婚されてしまって、
もう残すは森下えみこさんだけだなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、私は森下えみこさんが一番好き[るんるん]

さて、明日から6月。
読書復活は‥‥もうちょっと先かな。






nice!(31)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ようやく3月4月のまとめ [本]

ゴールデン・ウィークが始まりました~!
前もってブログ記事を仕込んでおこうと思ったのですが、逆にストックして
あったのをほとんど使ってしまったので、もしかしたら、お休みしちゃう‥‥かも??

さて、関西旅行記から桜の記事と続いていたので、3月に読んだ本の話題を
パスしちゃってました。今日はまとめて、3月4月に読んだ本。

「招き猫神社のテンテコマイな日々」「漁港の肉子ちゃん」
DSC02722.jpg

招き猫神社は、メディアワークスの文庫なので、ちょっとラノベ気味?
猫につられて買ったけど、お話はまぁまぁ。続編も購入して待機中です。

肉子ちゃんは、直木賞作家の西加奈子さんの作品。
肉子ちゃんはもちろん愛称だけど、強烈な個性の持ち主。
話は肉子ちゃんの娘目線なのですが、なかなかクールで良いです。
面白かったです。

さて、こちらはすでに読んでいる本の続き
「京極荘と百匹のうた猫2」
「お待ちしてます下町和菓子栗丸堂5」
「真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者」
DSC02721.jpg
うた猫は、百人一首の1首ずつがお話になっているので、100話まで
いくのかしらー。これまたメディアワークス文庫。ヤバい。どうも気楽な
本ばかり選ぶ傾向にあるなー。

実は栗丸堂もメディアワークス文庫。
この5巻が最終巻です。メディアワークスの本って、とっつきやすくて、
さらさらーって読めるんだけど、似たような雰囲気のお話が多いし、
ちゃっちいっつーか、しょぼい感じもするなー。
いや、面白いことは面白いんだけど。

Wikiを見てみたら、メディアワークス文庫って、これまでライトノベルを
メインとしてきた「電撃文庫」を読み続けてきた世代が社会に出る年齢に
なってきた事を受け、それらの世代にも受け入れられるような一般文芸を、
ということで作られたんだって。なるほど!ターゲットが若いのね。
だから軽い感じがしちゃうのかも。

ま、最近は難しい本を読みたくない(紹介はしてないけど、仕事関係で
読む本が難し過ぎてめんどくさくなるか!)から、仕方ないです。

あ、とにかく、栗丸堂は、話の伏線で出てくる、和菓子の蘊蓄が面白い
ので、それはそれで良いのでした。

さて、最後はまよパンの続編。読んでない本が山積みになっているけど、
先が気になって気になって、先に読んじゃいました。
でもねー、厚い! 他の本の2倍の厚さです。

えーっと、久しぶりにコミックエッセイはなし、かな。
来月は森下えみこさんが新作を出すようなので楽しみです。

マンガは、「ボク球」の続きの「ボク月」のまた続きが始まりました。
DSC02723.jpg

なんか、また長くなりそうだよねーー。。いい加減、終わってほしいのに、
気になってつい読んじゃうじゃんかーー!

その他、Kindleで「ちはやふる31」「高台家の人々4」
ちはなふるは、一時期、話が停滞していたけど、いい感じで盛り上がってきたかな。
映画も公開されて話題騒然ですねー。
、「高台家の人々」 も映画化。あの面白さが映画で伝わるのかしら。











nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2月のネタ [本]

昨日書いた通り、今週取るつもりだった休暇はまたもやムリっぽいのですが、
‥‥休みたいよぉ‥‥。かなりストレスにやられている感じで、ちょっとホッとしたい。
休めない理由とストレスの理由が同じなのですが、仕事のことなのでここには
あまり詳しくは書けず‥‥。うぅ、鬱憤を晴らすところがないよぉーー。
なので、ちょこっと書いちゃいますが、内容がわからないように、伏字まくりの
前置き&説明なしので書いちゃいます。
めんどくさい人は、一段落スルーしてね。あ、めんどくさくなくても、読んでも
わからないからスルーするのが賢明です。

1つ目は、○○○○の件ね。
急げというわりには、自分らの対応が遅い、遅い。おかげで予定よりもデータの
入手が1日遅れて、△△△への依頼が遅くなっちゃった。△△△がまたひどくて、
1日待たせた挙句に窓口が閉まるギリギリの時間に、データが違うって言って
くるし、○○○○に再送を依頼するのがまた遅れ、結局、まだデータが受け取れず、
先週から全然動きなし!これが片付かないと、私は休めないのよ!
2つ目は、□□□□の件。
これはそもそも私はわからないって言ってるのに、周りが「できるんじゃないの?」
と勝手に設計書出して、結局、誰もやってくれなくて、調査から私がやってる。
□□□□側も二転三転するから、開発着手が遅れに遅れ、挙句の果てにトラブル中。
仕様のわからないところがあるから、あちこちに問い合わせるのだけど、
どこもそこも「わからない」といいやがる。あんたらがわからなくて、誰がわかるのって
いうような仕様の質問なんですが!! リリースが近くなって□□□□側も焦っていて、
毎日フォローしてくるし、これまた、片付かないことには、私は休めない!

ふぅ‥‥。
さ、気を取り直して、2月に読んだ本の話です。
おぉ!1月に引き続き、月ごと報告ができているぞ。昨年の後半は尻切れトンボ
でしたからねー。とはいっても、昨年前半に比べると、ペースはゆっくり目です。

まずはコミックエッセイ。
DSC01521.jpg

左は「ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年目」
このシリーズも飽きた、飽きたと言いつつも、新刊が出るとつい買っちゃいます。
このベルリンシリーズは、ダーリンが外国人というよりも、もう外国に住んじゃって
自分が外国人なんですよねー。ま、無難に面白いので読んじゃいます。

右は「良いかげんごはん」 たかぎなおこさんの新作です。
コミックエッセイでは、森下えみこさんが一番好きで、たかぎなおこさんはちょい
落ちるので(失礼でごめんなさい)、買わないこともあります。
今回も迷ったけど、ちょっとした憂さ晴らし(今日ほどじゃないけどね)で、
買っちゃいました。
たかぎなおこさんのお話は、半分が「あるある~」で、もう半分は「うーーん」
なんとなく合わない部分があって。でもそこは、個人の好みだから仕方ないですよね。
それにしても、たかぎなおこさん、軽量カップやスプーン、キッチンタイマーとか
使わないそうで、それで勘が養われているのかというとそうではないようで、びっくり。
私も普通の料理は測ったりしませんが、例えば麺類をゆでる時間とか、水の量は
測りますねぇ。
あ、たかぎなおこさん、結婚されたそうです。おめでとうございます。

さてさて、小説系の方は、
DSC01522.jpg

左は昨年読んだ「下町和菓子栗丸堂」の第4巻。これ、第5巻で一区切りだそうです。
ビブリアとかタレーランと同じ系統の和菓子屋さん版って感じだけど、和菓子の
蘊蓄が面白いです。
右はタイトルだけで釣られました「なぜ猫は旅をするのか?」
これも謎解き系ですが、結構面白かったです。






nice!(34)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1月のネタ [本]

散々、年末の片付けをやっていた1月でしたが、ブログも2月になってようやく
1月の話題。ま、まだ2日だから、良いよね。
昨年後半は本を読むペースが落ちましたが、今年はもうちょっとあげていこうかな、
と思ってます。あ、でも、借りるよりも買うタイプの私は、あんまりたくさん読むと、
家が本であふれるので要注意。

というわけで、1月に読んだ本の話。
DSC01452.jpg

どちらもシリーズものです。クセになるのよねー。
「神様の御用人5」 4が面白かったので、もう、楽しみで楽しみで。
発売してすぐに買っちゃいましたよ。御用人代理から本採用になった第4巻は、
盛り上がりましたよねーー。話も複雑で面白かった。で、第5巻で落ちちゃうかなって
心配してましたが、第5巻も変わらず面白かったです!
ネタばれになっちゃうから、お話は省略ね。

「幻想日記店」は、「幻想郵便局」「幻想映画館」に続く「幻想」シリーズの第3作。
これまで同様、SFとまではいかないけど、ちょっと不思議なお話なのですが、
日本の歴史と文学がベースになっていて、私好み。
「日記」を売る「日記堂」が舞台です。ブログだって日記じゃん、って思ったけど、
所詮、人に読ませるために書いている。日記は自分のためだけに書くから、
本当の言葉が詰まっている。‥‥なるほど、それはあるかも。

さてさて、お次はコミックエッセイ。
DSC01451.jpg

どちらもよしたにさんの作品。
「理系の人々5」 は、やっぱり理系でかつ、SEさんの話なので、もう私と
しては「あるある」なんですよね。
「ぼくの体はツーアウト8」 は、これが最終巻。このシリーズは、ちょっと
イマイチだったな。健康になるためにいろんなことにチャレンジするけど、
そのツッコみ方が甘いというか、そんなん知ってるって程度の内容が
多くって。ま、それは、私が健康おたくだからかも。

あとは、Kindleなので画像はないけど「ちはやふる30」
あ、そうそう、私はKindleと言ってもハードではなくて、iPadにKindleソフトを
入れて読んでます。マンガはたまらないように、Kindleも取り入れていますが、
やっぱり紙の方が良いなぁ。パラパラってやれないと、どこまで読んだ、とか
全体が頭に入らないって感じ。今まで2冊、小説も買ったけど、1冊で挫折
しています。









nice!(28)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感